院長あいさつ

 並木病院長の山本勇夫です。
 私は、1969年に名古屋大学を卒業、当時のテレビドラマ『ベンケーシー』に憧れ脳神経外科医を志し、米国でのレジデント終了後、名古屋大学、東海大学などを経て、1992年から16年間横浜市立大学教授、定年後、横浜市立脳卒中·神経脊椎センター病院長を歴任し、2016年から約1年間客船「パシフィック・ビーナス」の船医を経験し、2017年1月並木病院長に就任しました。

 医療法人並木会は1953年、病床数2床の診療所が始まりです。その後の医療環境の変化にともない、1957年に並木病院が、2000年現在の地に212床の新病院が開設され、地域の皆様の健康に貢献すべく努力して参りました。

 わが国は未曾有の超高齢化社会を迎えようとしています。それに伴い、癌・心臓病・脳卒中といった循環器疾患、パーキンソン病などの神経難病が増加し、慢性期医療がますます重要視されている中、当院はこれら慢性期患者に対し、充実した医学的管理の下で患者中心のきめ細やかな医療サービスを提供しております。また、透析センターでは人工透析を、さらに”物忘れ外来”などの特殊外来を設置し、専門的見地からも地域医療に貢献しております。

 当院の理念は「愛をもって誠を尽くす」です。この理念を実践するためには、医療に従事する多種多様な医療スタッフが、各々の専門性を生かし、目的と情報を共有し、業務を分担しつつも互いに連携・補完し合い、患者さんの状況に的確に対応することが必要です。すなわち「チーム医療」を実践することです。この理念は聖徳太子の『十七条憲法』に相通ずるものがあります。第一条は有名な「和を以て貴しとなす」です。この言葉は、一般には“お互いに仲良く、良いものに巻かれろ”式の「空気の支配」を強化するという意味で使われる傾向があります。しかし、最後の条文、第十七条には「重大な事柄は一人で決定してはならない、必ず多くの人々とともに議論すべきである」と掲げられています。これは、われわれ医療スタッフは、医療行為を実施するにあたり、最善の方法を責任を持って提供する事を、患者·家族とともに議論を尽くして道理を得た合意を得る、即ち“和をもて貴し”を実践することこそ当院の使命と考えております。その意味でも、患者さん、またそのご家族のご理解と治療への積極的な関わりが不可欠です。また、前院長の行った“認知症カフェ”や“ロビー講演会”を継続し、地域における病院の貢献の一端になるよう努力する所存です。

学歴

1962年 3月 静岡県立静岡高等学校卒業
1969年 3月 名古屋大学医学部卒業

職歴

1969年 4月 名古屋第一赤十字病院研修医
1973年 7月 シンシナチ大学脳神経外科レジデント
1976年 9月 名古屋第一赤十字病院脳神経外科副部長
1979年11月 フロリダ大学脳神経外科リサーチフェロー
1980年 9月 名古屋大学医学部脳神経外科医員
1981年 1月 一宮市民病院脳神経外科医長
1982年 4月 東海大学医学部脳神経外科講師、助教授
1992年 5月 横浜市立大学医学部脳神経外科教授(現 名誉教授)
2008年 4月 横浜市立脳卒中・神経脊椎センター病院長(現 名誉病院長)
2016年 5月 客船(Pacific  Venus)船医

学会活動

医師会活動

病院のご紹介
  • 理念
  • 基本方針
  • 院長あいさつ
  • 病院概要
  • 沿革
  • 専門外来
  • カフェなみき
  • 病院紹介映像
  • 職員募集
  • ロビー講演会
  • 介護職員初任者研修
  • 広報誌なみき
  • ページの上部へ

    医療法人 並木会 並木病院