専門外来

顔面けいれん

疾患について

片側顔面けいれんは、通常片側の顔面筋が自分は意図していないのにけいれんし続けてしまう病気です。発症の原因としては、顔面神経が脳幹から出る部分で、血管によって圧迫されるために起こることが多いと考えられています。

こんな症状

はじめの症状は、左右どちらかの上まぶたか下まぶたのけいれんに始まり、進行すると、同じ側の目の周りの他の筋肉や口の回りの筋肉もけいれんするようになります。
重症になると、けいれんが持続するようになってしまいます。症状は眠っている最中でも治まりません。

治療

片側顔面けいれんには、ボツリヌス療法、薬物内服療法、手術などの治療療法があります。

効果
病院のご紹介
  • 理念
  • 基本方針
  • 院長あいさつ
  • 病院概要
  • 沿革
  • 専門外来
  • カフェなみき
  • 病院紹介映像
  • 職員募集
  • ロビー講演会
  • 介護職員初任者研修
  • 広報誌なみき
  • ページの上部へ

    医療法人 並木会 並木病院