部門のご紹介

栄養科

栄養科の紹介

管理栄養士3名,栄養士2名,調理師8名で構成されています。

管理栄養士 外来・入院患者さまの栄養相談・栄養指導を実施。
入院患者さまの栄養管理全般。
栄養士・調理師 入院患者さまの症状に合い、尚且つ『美味しく!安全に!』を心掛けて食事を作っております。

食事について

高齢者の多い当院では、嚥下障害のある患者さまも多い為、できるだけ食べやすい食事を提供したいと考えております。食べる意欲を呼び起こし、楽しんで食事をしていただけることを目標にしています。
入院生活では、食事が大きな楽しみです。
美味しく!安全に!提供する為に私達は、医師・看護師・言語聴覚士と協力し、食事形態を作りあげました。日々、研究を重ね、より良い食事提供を目指しています。
治療の一環である食事でありながらも、季節を感じて頂く為、旬の食材の使用、行事食の提供に加え、カードを添えるなどの工夫をしております。
※嚥下障害とは、飲み込みに障害があることをいいます。

適時適温

朝食: 8:00 , 昼食:12:00 , 夕食:18:00
温冷配膳車にて各階に配膳しております。

開放感のある食堂

車椅子にも対応し、大きな窓から外を眺めることができる明るい食堂で食事を楽しんでいただけます。

食事の紹介

ソフト食:
嚥下を考慮しお粥以外は、全部ミキサーにかけた後、固めなおしています。
行事食(お正月):
おせち料理は、私たちの祖先が生活の知恵を生かし作った料理です。
このおせち料理を1/1〜1/3の間にお出しし、正月を感じて頂ければと思い食事を提供しています。
病院のご紹介
  • 理念
  • 基本方針
  • 院長あいさつ
  • 病院概要
  • 沿革
  • 専門外来
  • カフェなみき
  • 病院紹介映像
  • 職員募集
  • ロビー講演会
  • 介護職員初任者研修
  • 広報誌なみき
  • ページの上部へ

    医療法人 並木会 並木病院